第66回国民体育大会本大会に向けて結団式を開催!!

山口県で行われる第66回国民体育大会本大会〔10月1日(土)~10月11日(火)〕を前に、9月23日(金祝)、都庁で東京都選手団の結団式を開催しました。

式典では、団長の佐藤広東京都副知事の激励挨拶のあと、旗手の高木大輔選手(サッカー競技)に団旗が授与され、大嶋有香選手(ボウリング競技)が力強い決意表明を行いました。

続いて、東京都選手としてかつて国体に出場した岩清水選手(サッカー競技)や、会期前の水泳競技でも優勝した寺川選手からのビデオによる応援メッセージや、都立国立高校のチアリーディングによる応援が行われました。

また、今回の式典では、「スポーツ祭東京2013」のマスコットキャラクター「ゆりーと」を紹介や、都立上水高校の生徒の司会による進行を行うなど、新たな内容に、盛り上がりの大きい結団式となりました。

東京都は、本大会前に行われた競泳やシンクロナイズドスイミングなどの水泳競技において、未踏の男女総合37連勝を達成しました。

この結果、現在、冬季競技を合わせた男女総合で第2位、女子総合で第1位の位置にいます。

これから始まる本大会でも、激戦の東京都予選や関東ブロック大会を勝ち抜き、出場を決めた約500名の東京都選手の活躍を、おおいに期待しましょう。

佐藤団長による激励挨拶
佐藤団長による激励挨拶
団長から高木選手へ団旗授与
団長から高木選手へ団旗授与
大嶋選手からの決意表明
大嶋選手からの決意表明
競泳で活躍した寺川選手からの応援メッセージ
競泳で活躍した寺川選手からの応援メッセージ
都立国立高校によるチアリーディングの応援演技
都立国立高校によるチアリーディングの応援演技
大人気だった「ゆりーと」と司会進行する都立上水高校生徒
大人気だった「ゆりーと」と司会進行する都立上水高校生徒

(事業については、東京都ジュニアアスリート発掘・育成事業を参照)