「チーム東京」がゆめ半島千葉国体で躍動!!

9月25日から千葉県で開催されていた第65回国民体育大会本大会(ゆめ半島千葉国体)が、10月5日(火)に閉会しました。

開会式では、東京都選手団は、第64回新潟大会のボート競技で優勝した旗手の光岡紘輔選手、団長の佐藤広東京都副知事を先頭に、堂々の行進を行いました。

開会式の東京都選手団(右から旗手光岡選手、佐藤団長)選手は「スポーツ祭東京2013」の横断幕を持って行進
開会式の東京都選手団(右から旗手光岡選手、佐藤団長)
選手は「スポーツ祭東京2013」の横断幕を持って行進

東京都選手団は、「チーム東京」としての結束のもとに日頃の強化活動の成果を遺憾なく発揮し、テニス、ソフトテニス、なぎなた競技で競技別男女総合優勝を果たすなど、多くの競技で幅広く得点を獲得していきました。

その結果、冬季大会(スケート・アイスホッケー、スキー競技)や本大会の会期前に実施され、男女総合36連勝を飾った水泳競技等で獲得した得点を着実に伸ばし、男女総合2,171.5点、女子総合995.5点で、前回に引き続き、開催県に続く第2位を堅守しました。(第1位は、男女総合、女子総合ともに開催県の千葉県)


サッカー少年男子チームは、決勝で大阪府を破り優勝(準決勝神奈川県戦で2点目を決める佐々木選手)
サッカー少年男子チームは、決勝で大阪府を破り優勝(準決勝神奈川県戦で2点目を決める佐々木選手)
ソフトテニス成年女子チームは決勝で兵庫県を破り優勝(1回戦対高知県戦で活躍する鈴木・藤崎ペア)
ソフトテニス成年女子チームは決勝で兵庫県を破り優勝(1回戦対高知県戦で活躍する鈴木・藤崎ペア)

剣道成年男子チームは第2位を獲得(4回戦3対2で京都府を破る)
剣道成年男子チームは第2位を獲得(4回戦3対2で京都府を破る)
陸上競技少年男子3000mで打越選手が優勝
陸上競技少年男子3000mで打越選手が優勝

閉会式で女子総合第2位の賞状を、森喜朗大会会長から受領する陸上競技の利根川選手
閉会式で女子総合第2位の賞状を、森喜朗大会会長
から受領する陸上競技の利根川選手


(事業については、東京都ジュニアアスリート発掘・育成事業を参照)