「チャレスポ!TOKYO」を開催しました

平成25年2月17日(日)、障害のある人もない人も楽しめるスポーツイベント『チャレスポ!TOKYO~はじめよう!ひろげよう!障スポ~』(主催:東京都・公益社団法人東京都障害者スポーツ協会)が東京都障害者総合スポーツセンターで開催されました。寒さの中にも春の兆しを感じさせる穏やかな晴天の下、約1200人の方が来場され、障害者スポーツの体験やアスリートとのふれあいを楽しみました。

「チャレスポ!TOKYO」を開催しました

東京都は、これまでも障害者スポーツの普及啓発に力を注いできましたが、障害者スポーツをメインとしたイベントとしては初の開催となります。東京都障害者総合スポーツセンターにたくさんのスポーツコンテンツを用意し、来場者は20以上の種目の中から、興味のあるスポーツを選んでスタンプラリーをしながら会場を巡りました。

このイベントには、京谷和幸さん(車いすバスケ元日本代表)、柴田亜衣さん(アテネオリンピック800m自由形金メダリスト)、竹下佳江さん(ロンドンオリンピックバレーボール銅メダリスト)、三浦淳寛さん(サッカー元日本代表)がゲストとして登場しました。参加者のみなさんと一緒にスポーツ体験を行い、オリンピアン・パラリンピアンの華麗なプレーに大きな拍手と歓声が送られていました。

三浦淳寛さん(サッカー元日本代表)
柴田亜衣さん(アテネオリンピック800m自由形金メダリスト)
竹下佳江さん(ロンドンオリンピックバレーボール銅メダリスト)
京谷和幸さん(車いすバスケ元日本代表)

体育館で行われたスペシャルステージでは4名のアスリートが勢ぞろいし、スポーツをテーマにトークショーを行いました。スポーツの楽しさや、スポーツにかける思いについて、熱いトークを繰り広げました。

スペシャルステージの様子

またスペシャルステージには、子どもたちに大人気の「ゆりーと」も登場。会場に集まったみなさんと一緒に「ゆりーとダンス」を、座ったまま踊れる「シッティングバージョン」も交えて楽しみました。さらに、シンガーソングライターつじあやのさんのミニライブも開かれ、優しい歌声とウクレレの音色に癒されるひとときとなりました。

会場内には物販ブースも開かれ、地元の授産施設、社会福祉協議会などが日用品やパン等を出品し、にぎわいを見せました。また飲食ブースには大鵬道場大嶽部屋のちゃんこが登場。力士が配膳する熱々のちゃんこなどが、来場者のみなさんのおなかを満たしました。

障害者スポーツを含めた、スポーツの魅力に触れていただくためのきっかけづくりとして開かれた本イベントは、来場者のみなさん、スタッフのみなさんのご協力により成功裏に終了しました。

東京都では、今後もこうした取り組みを通じて、障害者スポーツの普及啓発に努めて参ります。

スポーツ体験実施種目
【屋内】
体育館:トランポリン、ドッヂビー、ショートテニス、フロアホッケー、バレーボール、ソフトバレーボール、風船バレーボール、車いすバスケットボール
卓球室:卓球、ラージボール卓球、卓球バレー、サウンドテーブルテニス
図書室:ボッチャ、スポーツ吹矢
プール:水泳
【屋外】
運動場:ノルディックウォーキング、ターゲットバードゴルフ、ディスクゴルフ、車いす体験
アーチェリー場:ブラインドサッカー
テニスコート:車いすテニス、テニス(立位)