冬のスポーツ博覧会東京「TOKYO SNOW & ICE 2013」を開催しました

1月19日・20日の2日間、六本木ヒルズアリーナにて、冬のスポーツ博覧会東京「TOKYO SNOW & ICE 2013」を開催しました。

細井スポーツ振興局長
細井スポーツ振興局長

このイベントは、ウィンタースポーツ普及のため、都民のウィンタースポーツへの興味関心を高めるとともに、「スポーツ祭東京2013」の開催や「東京2020オリンピック・パラリンピック招致」に向けて、スポーツ気運を高めることを目的としています。

19日には、細井スポーツ振興局長が「この大会は国際スキー連盟が提唱する『World Snow Day』と連動し開催している。来年のソチ冬季五輪から正式種目として取りあげられるフリースタイルスキー『スロープスタイル』のダイナミックな競技を是非楽しんでいただきたい。」と主催者を代表し挨拶しました。

ジャンプ台【左奥】前ではゲストによるトークなどがあり、会場は盛り上がった(19日、六本木ヒルズアリーナ)
ジャンプ台【左奥】前ではゲストによるトークなどがあり、会場は盛り上がった(19日、六本木ヒルズアリーナ)

会場には、高さ約15メートルのスキージャンプ台が設置され、フリーライドプロスキーヤーやジュニア選手達が、ダイナミックなジャンプパフォーマンスを披露しました。

また、26日から始まるスポーツ祭東京2013冬季大会の成功を願って、「ゆりーと」がジャンプすると会場から歓声と拍手が沸き起こりました。

ゆりーともジャンプ! 成功後、子供達とハイタッチ!
ゆりーともジャンプ! 成功後、子供達とハイタッチ!

会場内には、雪だるま作りやソリ遊びが出来る「キッズスノーランド」が設けられた他、雪の急斜面を駆け上がりフラッグを取って競争する「スノーフラッグチャレンジ」など、子供達が参加できる楽しいイベントも行われました。

スノーフラッグチャレンジの様子
スノーフラッグチャレンジの様子
キッズスノーランド
キッズスノーランド