都民体育大会・東京都障害者スポーツ大会 合同開会式オープニングイベントを開催

平成24年5月13日(日)駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場において、第65回都民体育大会及び第13回東京都障害者スポーツ大会合同開会式オープニングイベントを開催しました。

このイベントは、障害のある人とない人がお互いのスポーツ競技への理解を深め、交歓できる機会を創出することを目的に、2つの開会式を初めて合同で開催するものです。

第1部のオープニングアトラクションでは、ラジオ体操の実演、チアリーディングの演舞に加え、ゆりーと音頭が初めてお披露目されました。また、オリンピアンの朝原宜治さんとパラリンピアンの土田和歌子さんも登場し、今年開催されるロンドンオリンピック・パラリンピックの見所や2020年オリンピック・パラリンピック東京招致への思いをお話いただきました。

ゆりーと音頭
ゆりーと音頭

第2部の合同開会式では、障害者スポーツ大会選手団304名が先に入場、続いて入場する都民体育大会選手団2,862名をハイタッチで迎えました。

炬火リレーでは、福島県南相馬市から分灯された「3.11南相馬希望の灯り」が会場に運ばれ、オリンピアンの朝原宜治さんとパラリンピアンの土田和歌子さんが2本のトーチに採火、選手代表4名にリレーされ、炬火台に点火されました。

佐藤広東京都副知事の挨拶、中村明彦東京都議会議長の来賓祝辞では、激励のメッセージに加え、今回の合同開会式を期に来年開催されるスポーツ祭東京2013の成功や2020年オリンピック・パラリンピック東京招致に向けた、力強いメッセージが選手団に贈られました。

佐藤広東京都副知事の挨拶
佐藤広東京都副知事の挨拶

第3部の交歓プログラムでは、都内のダンスチーム、スポーツ少年団など約500名が芝生フィールド内でゆりーとダンスを元気いっぱいに踊りました。

対抗リレーでは、ゲストの朝原さんと土田さんも参加し、都民体育大会・東京都障害者スポーツ大会の選手代表チームや少年団チームと400mリレーで競争しました。白熱するレースとなりゲストの2人も真剣な表情で走りましたが、都民体育大会・東京都障害者スポーツ大会選手代表チームが勝利しました。

一般来場者も交えての○×クイズ大会では、オリンピック・パラリンピックに関する出題に対し、クイズ参加者は制限時間の中で悩みながら○×エリアに移動して回答。最後は残った6名がジャンケンで優勝者を決定しました。

協賛社からの提供により、クイズ大会で優勝したスポーツ少年団の小学生には、ロンドン旅行5日間が、準優勝の5名にはスカイツリー入場券などが贈呈されました。

最後のスペシャルライブでは、スタジオジブリのアニメーションでお馴染みの井上あずみさん、ドラゴンボールZなどの主題歌でお馴染みの影山ヒロノブさんによるライブを行い、来場された方も大盛況のうちにオープニングイベントは終了となりました。

今後は、都民体育大会及び東京都障害者スポーツ大会の各競技が都内会場で開催され、熱戦が繰り広げられることになります。

ゆりーとダンス
ゆりーとダンス

<参考>
第65回都民体育大会春季大会
開催期間:平成24年5月3日から同年6月17日まで
競技種目:陸上競技など区市町村対抗正式競技23種目、ハンドボールなど区市町村対抗公開
競技5種目、公開競技1種目(ラジオ体操)
各競技の日程・会場については別添一覧をご覧ください。
※大会詳細については、公益財団法人東京都体育協会(TEL03-3481-2422)にお問合せください。競技結果はこちらから。

第13回東京都障害者スポーツ大会
開催期間:平成24年5月26日から平成25年1月23日まで
実施競技:個人競技(陸上など)7競技、団体競技(車椅子バスケットボールなど)7競技、重度障害者競技(ボッチャなど)2競技
各競技の日程・会場については別添一覧をご覧ください。

大会専用ホームページ