東京都選手団、「第59回全国青年大会」で大躍進!!

日頃取り組んでいるスポーツや文化活動の発表の場を通じて、全国各地から集まった青年達がお互いの連携と友情を深めることを目的に実施する「全国青年大会」を11月12日(金)から4日間に亘って開催しました。

「全国青年大会」は、スポーツの部10種目と文化の部8種目の計18種目で実施し、毎年東京で開催していますが、今年も約2,500名もの参加者が全国各地から集まりました。

59回目を迎えた本大会ですが、東京武道館での開会式は史上初!

【開会式:入場行進の様子】

【開会式:入場行進の様子】

平日の昼間にも関わらず、約1,500名もの参加者が東京武道館に会して入場行進を行い、開会式後の交歓プログラムでは早速、全国の仲間との交流を深めました。

【交歓プログラム:ブロック別対抗球入れの様子】

【交歓プログラム:ブロック別対抗球入れの様子】

今回、東京都では195名の選手、監督を東京都選手団としてスポーツの部(9種目14競技21チーム)に送り出しました。

13日(土)から駒沢オリンピック公園や東京武道館など、都内各所で行われた各種競技において東京都選手団は目覚しい活躍を見せました。

【競技(バレーボール男子)の様子:スパイクを決める全目黒チーム】

【競技(バレーボール男子)の様子:スパイクを決める全目黒チーム】

【競技(フットサル)の様子:ゴールを決める世田谷区代表チーム】

【競技(フットサル)の様子:ゴールを決める世田谷区代表チーム】

派遣した14競技中10競技で優勝、5競技が準優勝という輝かしい成績です!(東京都選手団の成績はこちら

来年は第60回となる記念大会ですが、次回も今年を上回るような東京都選手団の大活躍を期待したいものです。