第63回都民体育大会が閉幕!大会総合成績を発表!

昨年8月にスタートし、都内54地区から総勢15,274名、全32種目で争われた「第63回都民体育大会」の閉会式が、6月13日(日)に岸体育記念館講堂で行われた。

都内各地で行われた様々な種目の熱戦を制し、総合優勝に輝いたのは、男子が世田谷区、女子が大田区でした。

閉会式では、男子総合優勝の世田谷区には「高松宮殿下記念杯」が、女子総合優勝の大田区には「高松宮妃殿下記念杯」が、それぞれ大会副会長より授与されました。

都内各地で行われた名勝負や熱戦のドラマは、多くの参加者や観客にスポーツの素晴らしさを改めて実感させ、これからもその伝統を刻み続けていくべき大会であることを確信させるものでした。

サッカー競技

サッカー競技

バドミントン競技

バドミントン競技

  • (大会概要)
    第1回大会は、昭和22年。夏季大会(水泳、ゴルフ)、冬季大会(スキー、駅伝)、春季大会(28競技)の順に実施し、夏季、冬季、春季の3大会をもって1つの大会とする。

    1.主催…東京都、財団法人東京都体育協会
    2.第63回都民体育大会
    (1)期間
    ア.夏季大会:平成21年8月2日、31日
    イ.冬季大会:平成22年3月6日、7日、14日
    ウ.春季大会:平成22年5月5日~6月6日
    エ.閉会式:平成22年6月13日
    (2)会場…東京体育館、駒沢オリンピック公園総合運動場、東京武道館、東京辰巳国際水泳場 ほか
    (3)参加数…54地区 選手・監督総数:15,274名
    (ア)夏季大会:515名
    (イ)冬季大会:743名
    (ウ)春季大会:14,016名

(リンク)
総合成績(8位入賞まで)
各種目の決勝戦結果
入賞地区一覧