「第64回都民体育大会春季大会」が開幕!!

都民の間にスポーツを普及し、健康増進と体力の向上を図り、都民生活を明るく豊かにする目的で始まった都民体育大会も今年で第64回を迎えました。

夏季、冬季、春季の3大会を一大会とし、区市町村対抗で競われる本大会ですが、3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災の影響で、春季大会の開催も危ぶまれる状況に追い込まれました。

こうした中、都民生活に漂う停滞感の打破、都民が被災地復興支援に取り組む活力等を生みだすため、参加者はもとより、観る人にも感動を与え、元気や勇気を伝えることのできる"スポーツの力"を活かすべく、本大会の開催に踏み切ったものです。

全32種目のうち、28種目が実施される春季大会は本大会の総合成績を決定づける重要な大会となるため、開会式は春季大会の開催に併せて行っています。

今回の開会式は5月8日(日曜日)、東京体育館メインアリーナにおいて開催されました。

東日本大震災の犠牲者に対する黙祷を始め、入場行進を行わないなど、例年とは異なる開会式の様相となりましたが、佐藤広東京都副知事の挨拶、来賓の鈴木貫太郎東京都議会副議長のご祝辞でも、"スポーツを通じて震災からの復興支援に向けた活力を生み出してもらいたい"等々、"スポーツ都市東京"に相応しいメッセージをいただきました。

開会式の様子 <開会式の様子>
義援金募集活動の様子
<義援金募集活動の様子>

また、開会式の会場入口では、スポーツ祭東京2013のマスコットキャラクター"ゆりーと"も義援金募集活動に参加し、50,262円もの義援金(東北地方太平洋沖地震東京都義援金)をいただくことができました。開会式にご参加いただいた皆様の温かいお志に感謝いたします。

各競技の熱戦は始まったばかり。是非、お近くの会場に足をお運びください。

〔第64回都民体育大会 春季大会〕

  • 期間:平成23年5月5日(木曜日・祝日)~平成23年6月19日(日曜日)
  • 会場:東京体育館(渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)、東京武道館(足立区綾瀬3-20-1)、駒沢オリンピック公園総合運動場(世田谷区駒沢公園1-1)ほか
  • 種目:陸上、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、ソフトテニス、卓球、軟式野球、馬術、フェンシング、バドミントン、弓道、ソフトボール、柔道、クレー射撃、ライフル射撃、剣道、アーチェリー、空手道、ボウリング、ゲートボール、ダンススポーツ、ハンドボール、自転車、銃剣道、ローラースケート、少林寺拳法、なぎなた

※種目別の会場は、こちら(別紙:PDF)をご覧ください。
※詳細情報のお問い合わせは、財団法人東京都体育協会(電話 03-3481-2422)へ。

ソフトテニス競技の様子
<ソフトテニス競技の様子>