2018みたかスポーツフェスティバルが開催されます!

『開催にあたり、三鷹市からイベントの紹介のコメントをいただきました。』

平成30年10月7日(日)に「2018みたかスポーツフェスティバル」が、三鷹中央防災公園・元気創造プラザ及びSUBARU総合スポーツセンターで開催されます。

このみたかスポーツフェスティバルは、別々に開催されていた「みたかスポーツフェスティバル」と「障がい者(児)運動会」を一つにして、新たなスポーツフェスティバルとして、今回で13回目の開催となります。新たな「みたかスポーツフェスティバル」では、パラスポーツやニュースポーツを取り入れ、以前よりもさらに誰もが参加できるイベントになっていています。
日頃、軽い運動を含めスポーツをする機会の少ない市民や障がいの有無に関わらず、子どもから大人まで市民の誰もが笑顔でスポーツ・レクリエーションを楽しむ機会をつくることを目的としたイベントになっています。

今年は、「えがおいっぱい~あそび山もり!みんなでからだ動かそう!~」をテーマとして、ひろみちお兄さんの体操教室(事前申込制)やフィギュアスケーターの無良崇人さん・柔道家の秋本啓之さんとのスポーツ体験、車いすバスケットボール、シッティングバレーボール、ラグビー体験など全部で28のスポーツ・レクリエーションを体験することが出来ます。

スポーツ推進委員をはじめとした市民が実行委員となり、イベントの企画・運営を行っています。参加者の「えがおがいっぱい」のイベントになるように、4か月以上かけて検討、準備を重ね、当日は、市民ボランティア約330人によって運営される三鷹市最大級のスポーツイベントです。三鷹市スポーツ推進委員協議会の岡田会長が実行委員長を務め、スタッフ一同「えがおがいっぱい」で来場者をお迎えします。

どなたでも気軽に参加できるイベントばかりですので、ぜひ家族や友達を誘って「みたかスポーツフェスティバル」へご来場ください。

昨年度の様子

昨年度の様子 その1

昨年度の様子 その2

シッティングバレー

昨年度の様子 その3

ラグビー体験

みたかスポーツフェスティバル (1.3MB)pdfアイコン
DOSAスポーツ能力測定会(事前申込制) ※申込みは終了しています。 (1.3MB)pdfアイコン
ひろみちお兄さん体操教室(事前申込制) ※申込みは終了しています。 (550KB)pdfアイコン