2017東京国際ユース(U-14)サッカー大会を開催

U-14ロゴ

次世代を担う世界のユース選手が駒沢オリンピック公園総合運動場に結集します!
世界の有名選手を輩出しているボカジュニアーズ(ブエノスアイレス)やコリンチャンス(サンパウロ)など、海外からエントリーのチームに、国内から地元東京のほか、岩手、宮城、福島、茨城の選抜チームが挑みます。今回新たにJリーグが招へいするクラブワールドカップにアフリカ代表として来日したマメロディサンダウンズ(南アフリカ)とJリーグ選抜が初参加!お誘い合わせの上御来場いただき、若い選手たちの熱戦に御声援をお願いいたします。

1 開催概要

主催
東京都
公益財団法人東京都スポーツ文化事業団
公益財団法人東京都サッカー協会
特別協力
公益社団法人日本プロサッカーリーグ
日程

(1次ラウンド)5月3日(水・祝)、 4日(木・祝)
(2次ラウンド)5月5日(金・祝)、6日(土)
※6日(土)の決勝戦終了後、表彰式・閉会式を行います。

会場
駒沢オリンピック公園総合運動場
東京都世田谷区駒沢公園1-1
味の素スタジアム西競技場(*1次ラウンド一部試合のみ)
東京都調布市西町376-3
参加予定都市(20チーム)
昨年度の様子

【海外11チーム】
北京、ベルリン
カイロ、ジャカルタ、モスクワ
ニューサウスウェールズ、
パリ、サンパウロ、
ソウル、ブエノスアイレス、
プレトリア(南ア)

【国内9チーム】 岩手・宮城・福島・茨城(各県トレセン選抜)
Jリーグ選抜
東京(東京都トレセン選抜・東京都中体連選抜・
FC東京・東京ヴェルディ)

※参加都市チームは変更になる可能性もございます。御了承ください。

2 大会アンバサダー

北澤豪さんの写真

北澤豪(きたざわつよし)さん(元サッカー日本代表、公益財団法人日本サッカー協会理事、一般社団法人日本障がい者サッカー連盟会長、日本フットサルリーグ(Fリーグ)COO補佐)が大会アンバサダーとして大会全体を盛り上げます。

3 サッカー教室参加者募集(参加費無料:要事前申込)

日時 :
サッカー教室の写真

FC東京 ジュニアサッカー教室 5月5日(金・祝) 10:00~11:30
北澤豪インクルーシブ親子サッカー教室 5月6日(土)10:00~11:30
(インクルーシブサッカー:障害者と健常者が一緒になって行うサッカー)

会場 :

駒沢オリンピック公園総合運動場 陸上競技場

*6日(土)には、競技場内で、アンプティサッカーとブラインドサッカーの体験会も開催します。
(参加費無料:当日受付のみ)
(アンプティサッカー:主に上肢・下肢に障害をお持ちの方により行われるサッカー)
(ブラインドサッカー:視覚に障害をお持ちの方により行われるサッカー)

4 多言語音声翻訳アプリの活用

アプリ交流の写真

大会期間中には、昨年に引き続き、選手がより交流を深めることのできる多言語音声翻訳アプリを活用します。
今回の大会では、日本語を含めて11の言語が使われる予定であり、多言語音声翻訳アプリ(VoiceTra)による選手間等の交流を予定しております。
※詳細は決定し次第、お知らせいたします。

5 大会応援企画

本大会に出場した在京Jリーグチームの選手たちが、応援メッセージを大会ホームページ等に掲載

【FC東京:波多野豪(はたのごう)選手(2012大会出場)】
【東京ヴェルディ:渡辺皓太(わたなべこうた)選手(2012大会出場)】

波多野豪氏プロフィール写真

©FC東京
波多野豪(はたのごう)

渡辺皓太氏プロフィール写真

©TOKYOVERDY
渡辺皓太(わたなべこうた)

「TOKYO FMのラジオバスを駒沢陸上競技場に設置し、『公開ホリデースペシャル』の実施

駒沢陸上競技場コンコースから、元Jリーガーの中西(なかにし)哲生(てつお)さんをゲストに迎えて生放送。 会場の臨場感を伝えます。

6 学校訪問(文化交流)

海外招へいチームが都立特別支援学校を初めて訪問

訪問の写真

海外招へいチームが都立特別支援学校の志村学園を訪問。
学校施設の見学、就労体験等を通じて選手と生徒間で交流を行う予定です。

※最新情報はHPで随時お知らせいたします。
http://www.tokyo-u14.com

【問合せ】

オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部事業推進課
電話 03-5320-7714(直通)
(公財)東京都スポーツ文化事業団 国際交流事業担当
電話 03-5413-6922(直通)