東京アスリート・サイクルモデル事業報告(にしはらスポーツクラブ:ラグビー編)

東京アスリート・サイクル地域貢献モデル事業 報告
-にしはらスポーツクラブ(西東京市)ラグビーフットボール編-

にしはらスポーツクラブ(西東京市)に、ラグビーフットボール日本代表選手として活躍した斉藤祐也さんを指導者として派遣し、11月10日から4回にわたってラグビーフットボール教室を実施しました。

このスポーツ教室は、都内4地区で実施され、各地域の子供たちがトップアスリートの指導の下、各々4種類のスポーツを体験します。

にしはらスポーツクラブでは、次回は北京オリンピック日本代表の小椋久美子さんの指導によるバドミントン教室を実施します。

斉藤祐也さん

指導者の斉藤祐也さん
高校1年からラグビーを始め、大学時代、社会人時代においてラグビー界で活躍。2002年海外に移籍し、フォワードとして日本人初のプロ契約選手となった。2003年W杯に出場。2011年現役を引退。現在は、全国各地でラグビー指導と解説者としてテレビなどで活躍中。

ラグビーの特徴を熱心に聴く子供たち ラグビーボールを落とさないように走る練習

ラグビーの特徴を熱心に聴く子供たち

ラグビーボールを落とさないように走る練習

ラグビーボールを蹴る練習 コンタクトバックに体当たりする練習

ラグビーボールを蹴る練習

コンタクトバックに体当たりする練習

タッチフットでゲームの楽しさを味わう子供たち 斉藤さんと記念撮影「4日間ありがとうございました」

タッチフットでゲームの楽しさを味わう子供たち

斉藤さんと記念撮影「4日間ありがとうございました」

※タッチフット・・・両手タッチをタックルとしたタッチゲーム