RWC2019をさらに楽しむために

ラグビー豆知識【入門編】

ラグビーは何人でするスポーツ?
ラグビーには、7人制、13人制、15人制などがあります。
ちなみに、RWC2015、RWC2019の試合は15人制です。
都内のトップリーグは?
都内には、トップリーグのラグビーチームが4つあります。
東芝ブレイブルーパス、キヤノンイーグルス、サントリーサンゴリアス、リコーブラックラムズと、強豪揃いです!
ゲームの楽しみ方
ラグビーは陣取りゲーム。すなわち相手の陣地に攻め込むための戦略ゲーム。
なので、実はピッチ脇よりも上から全体を見渡した方がおもしろい。
ラグビーワールドカップとは(1)
ラグビーワールドカップは、1987年以降4年に1回開催されており、今年はイングランドで第8回目の大会が開催されます。
日本で開催されるラグビーワールドカップ2019は第9回目です。
ラグビーワールドカップとは(2)
ラグビーワールドカップ2019はアジアで初の開催!
日本、ひいてはアジア全体で盛り上がっていきたいですね!
ゆりーとがラグビーを始めた!?
ラガーシャツを着たゆりーとの写真 ラグビー日本代表のユニフォームは赤!最近、東京都スポーツ推進大使「ゆりーと」もお揃いのユニフォームに身を包み、ラグビーを始めました。
ちなみに、このラガーシャツは日の丸をイメージしているとのこと。
まちがいさがし
ラグビーのボールは楕円形。
そこで間違い探し。
ちなみに、これはラグビーワールドカップ2019東京開催決定時ライトアップの写真。
都庁舎をラグビーのゴールポストに見立ててみました。 都庁の写真
ラグビーのはじまり
ラグビー市の所在地図 ラグビーは、イングランドにあるパブリックスクール・ラグビー校で一人の少年がフットボールの試合中に突然ボールを抱えて相手ゴールに突進したことが起源と言われています。
ふとした行動が、新たな競技を生み出したのですね。
キックでゴール?
ラグビーはボールを手に持って走る姿が印象的ですが、キックしてゴールするのもOK!
No.8
ラグビーには、「No.8」というポジションがあります。
通称、エイトマン。
フォワード8名の中で最後尾に位置し、全体を見渡して指示を出すリーダーです。
その名の通り、背番号が8番なので、広いフィールドからも見つけやすいですね!

※スポーツ推進部Twitterにて配信

Twitterバナー